123tomboy出航準備完了!

みなさまごきげんよう。

遅ればせながら「君の名は。」をみましたよ。君の前前前世からららら~♪
なんだか「転校生」を観たくなりました。小林聡美さんはお元気かしら?


6月末に来たtomboy君ですがなんやかんやあってなかなか進水できませんでした。
山の日のあたりに出航しようかと思ってましたが天気が良くないので中止。

今週末こそ出航したいけど天気予報はビミョーなんですよね~


そんなことより艤装チェック行くぞ!

アイパイロットの取り付けチェックです。
トンボーイの取り付け位置はご覧の通り前の方に突き出し配置しないとぶつかってしまいます。
P7300017 オフセット配置です 


ネジをみると今まで6本だったのが4本になります。
別に気にしなくても良いのですが気分的に6本にしたいので
P7290001 ボルト4本のところを 


元から空いていた穴を利用して6本にしました。
見えないところですけどまぁ良いと思います。
コレでダメだったらそのとき考える!
P7290003 6本に増強 



あとステアリングロッドがむき出しなのが気になるので
P7290004 ステアリングロッド 



気休め程度にブーツをつけてみたり。
P7290005 ブーツ付ステアリングロッド 



前回の記事でプロペラナットスペーサーがダメになっていたので交換。
スズキの船外機しか関係ないないかも。
間違った取り付け。
P8050024 間違い 


正解の取り付け。
P8050023 正解 


間違った取り付けをすると高速回転時に振動が発生するハズ。
変形痕がそれを物語ってます。
P8050022 変形してますね 


アイパイロットを付けたのでバッテリーも追加する。
今まで使っていたACデルコのM27MFです。
ホントはもう一回り大きいM31MFを取り付けたかったんですけど節約!
これが駄目になったら考えましょう。

ヒューズ付分電盤も取り付けたので少しだけ整理できました。
P7300014 サブバッテリーだよ 


蓋を元通りに戻すとこんな感じ。
このままだと潮被りそうなので気休めにプラ板で隠す予定。
P7300015 収まり図 



配線は全て防水に気を使ってます。
防水用シュリンクチューブを使うとジェルが水を遮断してくれるので
端子は半田で隙間を埋めて覆いかぶせるようにシュリンクチューブを被せてます。
これでもどこからか潮は入ってくるんですけどねー。
P7300013 防水には気を使います 



サブバッテリーチャージャーを付けて
始動とアクセサリの電源は分けます。

メインバッテリーは始動とマルチファンクションゲージ。
サブバッテリーはその他のエレキとか照明とか魚探とかすべて。

サブバッテリーチャージャーの動作ロジックはメインバッテリーが12.8Vあたりだとサブバッテリーの方に電気がONされるみたい。
船外機の発電量は大したことないので魚探分くらいは稼げればいいかな。
サブバッテリーはディープサイクルバッテリーなのでどのみち釣行後に専用充電器で充電しないとダメなんだよね~

メインバッテリーはもともと容量の少ない車用B19バッテリーなのでここから電源取るのは怖いっす。
でも手動スタート出来る船外機だから気にしなくていいかな~
バッテリーストレージはこんな感じになりました。
サブバッテリーチャージャーとバスバーを追加。
不思議な動作していたターミナルスイッチは外してスイッチ兼ブレーカーを設置しました。
バッテリーターミナルカバーは赤しかホームセンターになかったので仕方なく被せてます。
マジックで塗りつぶそうかな。
P7300012 サブバッテリーチャージャー 


以前はこんな感じでしたので整理したつもりが何故かごちゃごちゃしてしまうという・・・
P7010002 元の配置 



外房用にフェンダーを4本取り付けてみる。イイネ!
P7300020 外房用にフェンダー取り付け 


パンク用にスペアタイヤも追加。
P8110025 スペアタイヤ取り付け 



釣りに行けてなくて暇なのでトレーラーのハブグリスを確認することにする。
youtubeで念入りに予習しました。
最近お気に入りのDangar Marineさんです。髭がキュートですね。



バッチリよしゅうしたところでとりかかることにする。
ハブキャップはウォーターポンププライヤーでこじ開けました。
ハンマーで叩くとかマイナスドライバーでやるとかしましたがダメでしたので。
P7300021 トレーラーハブ 


左側はキレイ。問題なし。
右側はなんか黒いぞ。なぜ?
中心あたりが元の色なのに周りはモリブデングリスなみに黒い。
P8120028 ハブグリスキチャナイ 


不安になったのでばらしてみる。
割りピンの片足が無くなっていました。それが粉々になったみたいです。
P8120030 ばらしてやんよ 


ベアリングを念入りにチェック。大丈夫そうですね。
アクスルシャフトに破片がこびりついていましたので念入りに取り除きました。写真なし。
P8120031 ベアリング点検 


ベアリンググリースパッカーを利用してグリースを充填。
P8120029 グリスパッカー 


にょろにょろと古いのが出てきます。
P8120033 グリス充填 



オイルシール、割りピンは注文しておいたので新品と交換する。
割りピンの再利用はダメですね。
元通りに組み付け。
今までのハブキャップだと異変があってもわかりづらいので
透明なベアリングプロテクターに変更してみる。
グリースもワコーズのハイマルチグリースに。
このグリースは400g2000円くらいするお高いやつです。無駄ですね(笑)
P8120034.jpg 




気になるところは一通りチェックしました。
あとは進水するのみ!
今週末天気良ければ進水する予定です!



スポンサーサイト
プロフィール

ステキチ

Author:ステキチ
ミニボートで釣りしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR