外房 泳がせ イマイチでした。車もパンクするし

みなさまごきげんよう。

前回メーター超えのヒラマサ釣ってからというもの毎日ヒラマサ喰ってます。
さすがに飽きましたよ。
でも、釣れてる期間は出さないとモッタイナイので出航します。

10月22日(土)浮いてきました。
翌日の日曜日の気象がいまいちなようなので土曜出漁です。


現場につくと明日の天気のせいなのか盛況ですね。
ぐっちゃん、NEOタダノさん、先週16kgをあげた強者ヒノさん、週5はジムに通うマッチョつる丸さんとやる気満々なメンバーが揃ってます。


自分は大きなヒラメがゲット出来てないのでヒラメメインでいきます!
っていっても仕掛けはなんにも変わらないんですけどね。
アジ釣るー>泳がす、以上!


基本の日の出時間に出航!天気予報より大分荒れていますよ。
DSCN2418 基本の日の出出航 



さっそくメーターオーバーポイントを確認。
群れが薄いっす!
これはどうかな~
DSCN2421 メーターポイントアジ薄い 




ツル丸さんもフルノの高性能魚探を駆使してなれない海を探索しています。
周りのメンバーはだいたいデジタル魚探を導入済なので大きな魚がいるのがわかるらしい。
ウラヤマシス。
自分のアナログ魚探も7年目で、そろそろ買い替えと思わないでもないですが
なんの不具合もないので壊れるまで使い倒してやろうと思います!
アナログだってメーターオーバーが釣れるんだぜ。
DSCN2423 マッチョつる丸氏 



6時20分ころ可愛いヒラメちゃんゲット。サビキにきましたよ。
とりあえずヒラメは釣れたということで…。
DSCN2424 6時20分ころ可愛いヒラメ 




NEOタダノさん。今日はイカメインでいくそうです。でも天気が外れていけなさそう。
DSCN2425 NEOタダノさん 




6時半ころ青物泳がせに反応!
イナダくんゲット!
DSCN2426 6時半イナダ追加 




このあたりからサビキの枝が切られるようなアタリが頻発してきました。
6時40分、サビキでショゴさんゲット!
DSCN2428 6時40分ショゴさんも 




6時50分ワカシくんがサビキに。リリース。
DSCN2429 6時50分ワカシくん リリース 




ここで枝の少なくなったサビキを特価品の太サビキに変更。
自作喰わせサビキは投入しません。なぜならアジの活性がイマイチだからです。
DSCN2430 太サビキに変更 



と、サビキを替えた途端アタリが遠のきました。
時合が終わったか。
7時を周りました。
DSCN2431 7時まわりました 



浮き泳がせを駆使するJBB280さんも居られます。
DSCN2433 JBB280さんもいます 



30分経過して7時半ころ。時合は過ぎましたね。
DSCN2434 7時30回る 


さらに30分経過して8時ころ。
生簀は寂しいです。いつもならアジが沢山いるはずなのに。
ここにいるサバも泳がせてますよ。アジが釣れないので!
DSCN2435 8時ころ寂しい生簀 



気分を替えてヒラメ銀座に移動することにします。
風とウネリが強いですね。
DSCN2436 8時すぎヒラメ銀座に移動する 



ヒラメ銀座も群れが薄いです。しかもサバが暴れまくってます。
DSCN2437 群れは薄いです 



ツル丸さんもヒラメ銀座で探索。
週5のジム通いってスゴイと思いませんか?
DSCN2439 つる◯さんもヒラメ銀座に 



9時すぎ、なにもなし。
DSCN2442 9時すぎ 何もなし 



そらは相変わらずどんよりです。
DSCN2443 9じすぎ空はどんより 




30分後、にわかにアジが釣れ始めました。
DSCN2444 9時30分すぎにわかにアジが釣れ始める 



と、そのとき青物泳がせに反応!
竿がグーンと絞り込まれる。
まちがいなくヒラマサのアタリです。
さっそく竿をもって引き込みに耐えようとドラグを締め込んだそのとき
バツンと音がしてハリスが切れてしまいました。
ハリスは8号シーハンター根付でしたがその根付接続部分で切れました。
やっぱり結びがあるとそこが切れますね。
今回はドラグの強いリールを考えもなしに締め込んだのが敗因です。
前回6号で行けたので8号なら余裕かな~と思って締め込んだんですが失敗でした。
使ったリールはキャタリナLD20。
ハリス8号の太さでこのリールはオーバースペックかも。
カルカッタFのほうが締め込んでもドラグがそれほど強くないのでいい塩梅かもね。
ハリスを太くすればいいじゃない?と思ったときも有ったんですがどうもハリスが太いと
アタリが減るような気がするんですよね~。
シーハンター根付もいいのか悪いのか。
歯が当たってのハリス切れは無くなりますが接続部分の弱点ができるのでヒラマサだとここで切れる。
ワラサ、ヒラメ、シイラなどで切れたことは無いのですがヒラマサはやっぱり別格ですね。
根付をやめて強化チューブを被せる方法で今度試してみます。



ヒラマサをのがしてから1時間半経過の11時ころ。
泳がせなんにも来ませーん。
DSCN2448 11時5分ころ 




風向きも南風になって少し荒れた波が来るようになりました。
DSCN2449 11あたりから風向きが南風になって少しアレてきた 



11時半ころ、港側のアジポイントに戻る。
こっちの方もアジが寄ってきたようです。
DSCN2451 11時30過ぎ港側に戻る 




沖を走り回ってきたぐっちゃん船。明日も出るそうです。
トレーラブルになって機動力抜群ですね。
DSCN2455 12時半ぐっちゃん 




その後何も反応なく13時ころ納竿しましたとさ。
翌日の日曜に出たビル・ジャックさんはこの海域で4.3kg74cmのヒラマサをあげたそうで
まだまだヒラマサの回遊は終わってないみたいですよ。




港で皆さんと駄弁っているとぐっちゃんがステキチの前輪のパンクを発見!
自分は6ヶ月おきのディーラー任せの点検で空気も入れたことがないので途方にくれました。
しかし、そこはヒラマサだけでなく車も詳しいぐっちゃんが予備タイヤを交換。
素晴らしい手際でさっさと取り付け。あやうく惚れてまうやろーと叫ぶところでした。
ぐっちゃんありがとうございました。
きっとこの善行が巨マサを呼び寄せることになると思います。(テキトー)
DSCN2463 ぐっちゃんにタイヤ交換をしてもらう 


パンクの原因は釘。
翌日タイヤ館にいってパンク修理を頼んだんですがどうやら自分はパンクに気づかず結構な距離を走っていたらしくサイドがごっそり削れていました。
なので交換になり痛い出費を強いられることに。
普通は運転していて気づくそうです。世の中ビンカンなひとが多いですね。
自分はこれから違いのわからない漢として生きていくことになりそうです。ダバダ~


次回も飽きずに泳がせですよ!

ミンコタアイパイロット使用回数:87回目(2012年10月-)(2015/11-オイルシール交換、2016/04バッテリー交換)
シープロ8馬力が200時間超えました。





スポンサーサイト

外房 泳がせまさかのメーターオーバー!

みなさまごきげんよう。今回はちょっと長め。

10月16日(日)外房に浮いてまいりました。
前回はしょっぱいヒラメでしたので今回は60cmオーバーのヒラメを狙ってまいります。

現場に到着。
今回はぐっちゃん、ビル・ジャックさん、NEOタダノさん、噂でお聞きしたアルミボートのH夫妻、これまた噂で超大物を仕留めたヒノさん、以前館山でご一緒したツル丸さん、その他数隻と今日は盛況です。


ヒラメは圧倒的に朝一が勝負なので日の出時刻に出発!
今日は雲って暗いですね。海は暖かいですが北東風が強く吹いてます。
DSCN2372 日の出とともに出発だー 


気合十分。港側のポイントで泳がせようと思います。
アジの群れ発見。ちょっとサイズが小振りですが大きめのアジを付けて泳がせます。
すくいアミを忘れたので背のトゲ、腹トゲが刺さって痛い!
最盛期にはおよびませんがまぁまぁの群れが居ます。
DSCN2373 6時すぎこんな感じ 



今日はフィッシュイーターの活性が高いようです。時々サビキに強いあたりがきます。
あっというまに6本針から3本針になってしまいました。

6時半ころ青物泳がせに強いあたり!
ギャーンとドラグが出て慌てて竿をもったらバレてしまいました。
針を確認すると8号ハリスが切れています。
(゚A゚;)ゴクリ
何がいるんでしょうか?
DSCN2374 大きなアタリ 8号ハリス切られる 



予報では風はそれほどでもないとのことでしたが結構強く吹いています。
DSCN2375 6時半風強し 



ハリスの太い喰わせサビキを投入するも掛かるまでには至らず。
ぼろぼろになったアジです。
これはヒラメに齧られた後、イカに致命傷を負わされたのちフグに喰われたのでしょうね。
尾びれ付近をみると小さいヒラメのかじりあとです。
ちょっとサイズに期待できないな。
DSCN2376 イカヒラメフグ攻撃 



その後30分、大きなあたりは来ないので7時過ぎにヒラメ銀座に移動しました。
DSCN2377 7時すぎ釣れないので移動 


ヒラメ銀座に到着すると、ビル・ジャックさん、NEOタダノさん、H夫妻が攻めていました。
ビル・ジャックさん伺うと大物は出ていないそうです。
ベイトもピンポイントに現れるだけで総量が少ないみたいですね。
ビル・ジャックさんが大きなウマズラゲットしていました。
DSCN2379 ヒラメ銀座 ビル・ジャックさんとウマズラ 



いつもならバンバン釣っているNEOタダノさんですが今日は調子が悪いようです。
DSCN2380 NEOタダノさん 哀愁 



ヒラメ銀座にきてからアジが釣れません。
こりゃ厳しい。
DSCN2383 アジ釣れず 



調子が悪い中H夫妻はいろいろあげてます。
うーむ。こっちは釣果ゼロなのにヽ(`Д´#)ノ
そう思っていると目の前で可愛いヒラメを釣り上げたH夫妻
小さいと嘆いていますが、こっちはナシのつぶてですよヽ(`Д´#)ノ
DSCN2385 h夫妻可愛いヒラメゲット 



ヒラメ銀座にぐっちゃん登場
50cmくらいのカンパチ3尾とハタをゲットしてきたそうです。
こっちはなんにもだよ!ヽ(`Д´#)ノ
NEO390の機動力ウラヤマシス。
DSCN2389 ぐっちゃん合流 



今日はきっと釣れない日なんだと見切りをつけてアジ釣りに変更。
ナメロウを山ほどつくってやるぜと朝の港側のポイントに移動します。
こころなしかアジが増えたような・・・
DSCN2390 9時ころ港側でアジ群れ発見 



アジを釣ること30分。運命の時間がきました。
自分は泳がせは2本出しています。
一本はヒラメ用で底から50cmくらいを泳がす。
もう一本青物用で底から3m位を泳がせています。
青物用は朝8号のハリスが切られたので12号ハリスをつかったごっついものに替えています。
ヒラメ用はハリス6号を使っています。たまに青物もきますがその時は諦める覚悟です。
だいたいの青物は青物専用ロッドのほうにくるので問題なし。

と思ってました。

アジも大きいのだけ選別しなから釣っていたら前アタリもなにもなくヒラメ用仕掛けのリールが唸りを上げ始めます。

このときはまだ余裕でイナダでもきたかな~とノンビリロッドを構えます。
もともとドラグも緩めな置き竿でしたので動きが止まったあたりでキッチリしめて引き上げるかーと思ってました。

動きが弱まったのでドラグをガッツリ締め上げます。リールのドラグ強度は6kgなので締め上げても問題ありません。

ぎゅっぎゅと締めてさあ始めましょうかと思ったとき暴力的な、まさに暴力的といっていいほどの引きが襲います。
締め上げたドラグを物ともせず、ドンドン糸が出されていきます。

一色、また一色、とスプールの糸が出されていきます。
もう頭真っ白でなにも考えることができません。
ドラグをしめても全く無駄です。
ぎゅんぎゅん音を立てて糸が出されていく。

3色くらい出されたでしょうか?そこでやっと止まりました。
耐えるので精一杯でしたがここで急いで巻に入ります。

お、重い!
ボートのヘリとお腹に竿を固定して巻き始めます。
これ、腕の力だけだと無理!
っていうかもう腕が攣りそうです。

自分の息が荒くなってくるのを感じてきました。
はぁはぁと息荒く、揚がってくれーと一心不乱に巻き上げます。
時々思い出したように走り出しせっかく巻き上げた分以上に糸が出されます。

キリがない!

幸いなことに周りにはボートがいません。
じっくり頑張ることにします。


ときどき腕が攣るようになってきました。
10分もたったころでしょうか。だんだんと走り出す回数が減ってきました。
ここであげねば今日はアジだけになってしまうので必死です!

ようやくリーダーまで来たときに魚体を確認。でけー!
ちょっとこれ網に入るのだろうか?
と考えましたが、こんなこともあろうかと奥の深いネットに張り替えていたんでした。

それでもぎりぎりネットイン!
感動が襲います。今になって震えが来ました。

その獲物をみたいですか?
チラっ
DSCN2391 9時25分ちらみせ 



上では大きさがわからない?
これでどうでしょう?
DSCN2392 閂ばっちり 



なんか言うより小さいんじゃない?と思ったあなた。
これでどうでしょう。
DSCN2394 血抜きの図 


ドーンと血抜き。15リットルバケツですよ。
まだわかりづらいですか?
これでどうでしょう?
DSCN2396 デカマサ! 


さらにさらに~
このクーラー内寸60あるけどまったく収まりませんね。
DSCN2398 はいらんね 


すてきちとの比較があったほうがわかりやすいですね。
つる丸さんから頂いた写真です。
DSCF6868-1 船上の図 つる丸さんから頂いた 


ビル・ジャックさんから頂いた写真です。
ビル・ジャックさんから頂いた写真 



自分記録更新!いやー泳がせはいいですなー
この写真をラインに流します。
たーさんはボラだと言い張ってます。

不調のヒラメ銀座を切り上げて皆さん集まってきました。
DSCN2403 続々集合 



ここで仕掛け確認。
ハリス6号根付きシーハンター10号です。
自分でも思いますがハリス6号でよくあがったな~
針も伸ばされてチモトの結びも少し外れています。
まさに紙一重でしたね。
DSCN2395 針は伸び結びも一部抜けてました 



時刻は10時前。なんだか震えるやら気が抜けるやらで釣りに集中できません。
群れはいい具合にいっぱい集まってますね。
ヒラメを狙うにはいい感じでしょう。
DSCN2397 9時43分ころ気が抜けて釣りに集中できません 



だいぶ枝のへったサビキの確認。
なんかバラシが多いなとおもったら案の定伸ばされてる。
このほか一本は折れていて6本針中3本枝切れ1本伸ばされ一本折れで残り1本しか使えませんでした。
DSCN2402 サビキがやられる 



のんびり周りを見渡すとビル・ジャックさんのパーフェクター。
2人でやっても釣りやすそうないい船だな~
DSCN2405 ビル・ジャックさんのんびり2人で 



サビキを替えてまで続けることもないかな?
もう十分だと判断して11時近くに帰航することに。
ナメロウになる予定だったアジはすべてリリース。ヒラマサに感謝しろよ!
DSCN2406 11時ころ帰航 


帰港して重さの計測。
8.2kgでした。重いはずだよ。
DSCN2407 なんと8.2kg 



こうして改めてみてもデカイな!
DSCN2409 こうしてみるとデカイな 



全長を計測。
1m超えました!超えた分はメーターが無いのでわかりませんが
この長さで8kgは痩せ型だそうです。
DSCN2411 楽々メーター超え 




皆さんが帰港してきた頃を見計らって撮影会を催促することにしました。
ツル丸さんから頂いた写真。
DSCF6873-1 お立ち台で写真撮影 



ぐっちゃんから頂いた写真。
もっと魚が大きく見えるように前に突き出してとのリクエストでしたが非力凡才の身では重すぎます!
食いしばった写真が出来ました。
DSC_0037 ぐっちゃんから メーターオーバー 突き出しリクエストくるも重い! 


写真撮影に協力してくださった皆様、ありがとうございます。
メモリアルマサですね。

外房には大型マサが接岸しているようでハリス切れが多発してます。
チャンスですよ~

次回も泳がせです。今回釣れなかったヒラメを狙いたいと思います。

愛用していた活餌ロックを作っていた美咲が倒産したそうです。
近所を探してなんか売ってないなとは思ってましたがそんな事情とは・・・

取り敢えず帰りに釣具屋によって買い漁ってきました。
ちょっとよりたいだけなのにサッカー混雑にハマるの図。
延々歩いて釣具ポイントに。
苦労したかいあって最後の活餌ロック入手!
今シーズンはこれで持ちそうです。
DSCN2412 活餌ロック買いに来たらサッカーにまきこまれた 


メモリアルデータ
8.2kgメーター超えのヒラマサを仕留めた仕掛け。

ロッド:中古のダイワ リーディングゴウイン2.7m
リール:シマノ カルカッタF800
道糸:DUEL 8本組 PE4号
リーダー:ナイロン40ポンド3m
リーダーノット:ボビンノット(シマノのボビンノッター使用)

仕掛け:錘遊動式自作仕掛け。
鉛遊動部道糸:サンラインベーシック 10号
サルカン:NTステンスイベル2号、捨てオモリ部は5号
ハリス:シーガーグランドFX6号
針:ダイワ 紅牙Lに活餌ロック
根付:シーハンター10号
根付の長さは約5cm、ハリスとの接続は8の字結び2回ヒネリ


今回釣れたのは何と言っても地の利がこちらにあったおかげです。
根が存在せず、じっくりいけたのが勝因です。

しかし朝8号ぶっちぎった犯人は誰なんだろう?やっぱり根付は必要なのか?

ミンコタアイパイロット使用回数:86回目(2012年10月-)(2015/11-オイルシール交換、2016/04バッテリー交換)
そろそろリモコンの電池交換しようかな~

ミニボートフィスティバル2016in館山と外房 ヒラメ解禁泳がせ釣り

みなさまごきげんよう。

10月9日にミニボートフィスティバルin館山のテストランに参加してきました。

いつも外房にでるメンバー
ぐっちゃん&ビル・ジャックさん、たーさん&みーさん、あひさん&みやさん、としさん&すてきち
の4艇で表彰台を独占しようという作戦でした。

しかし、あいにく強風が拭いて釣り中止。表彰台独占の野望は露と消えましたとさ。
DSCN2311 ミニボート祭りバナー 

野望は果たせませんでしたが、釣り大会の代わりに艤装大会が開かれました。
ミニボートは狭いのでいろいろ工夫してみなさん艤装してます。
標準的な艤装が売っていないので組み合わせたり作るしか無いんですよね。

ビル・ジャック船、あひ船、すてきち船が参加。この3船で表彰台を狙います。
ミニボートがズラッと並びます。
DSCN2310 ずらっと1 

こうしてボートが並ぶのはボートショーくらいしかないかな?
DSCN2316 ずらっと2 


それぞれの艤装のポイントを拡声マイクでシュプレヒコールしていきます。

ビル・ジャックさんのプレゼン。
DSCN2325 ビル・ジャックさんプレゼン 

あひさんのプレゼン。
DSCN2321 あひさんプレゼン 


すてきちはi-pilotついて説明いたしましたよ。


こんなかんじで外房メンバーがフンフンなるほどと聞き入ってますね。
DSCN2319 皆さんが写ってる 


そして大会も終わり表彰は場所を替えてコミュニティセンターにて行われました。
迷子のメンバーがいたことは内緒です。
DSCN2338 表彰式会場 コミュニティセンター 


ぐっちゃんを講師に招いてヒラマサについて熱く語って頂きました。(嘘
DSCN2339 講師のぐっちゃん 


小野さんがミニボートにまつわるあれやこれやの講演を行い表彰に移ります。

豪華賞品の数々です。
一番の目玉はボストンホエラーのコンクエスト345!!(嘘
DSCN2341 商品の数々 


3位のハチミツをゲット!
これで漂流してもしばらくは生きていけそうです。
DSCN2342 フラット部門3位 でも艤装賞 


たーさんのヤマガブランクスシャツがひかりますね。
DSCN2344 たーさんのヤマガシャツ 


最後にMBF(ミニボートフィスティバル)センターをかけて(嘘)の全員参加のじゃんけん大会です。
商品はヤマハのヨッティングライフジャケット。
YM-006IVヨッティングライフジャケット 

やりました!無事じゃんけんに勝ち残り商品をゲットしました!\(^o^)/
しかし、びっくりするほど宮さんじゃんけん弱いですね…少し笑ってしまいました。
お子様もゲットしてました。邪心がないのが良かったのでしょう。
このジャケットの対象年齢は13歳以上なのでお子様にはまだ早いとぐっちゃんが物言いをつけていたことは内緒です。

ミニボートフィスティバルin館山テストランは以上にて終了。
定例開催がされれば良いですね。


続いて翌日の10日、外房に浮いてきました。
ヒラメも解禁だし存分に泳がせるんだぜ!

今回はぐっちゃん、ビル・ジャックさんが居られます。昨日ぶりですね。
前日南風の暴風、今日北風強しなのでちょっと心配です。
底荒れしているときにベイトが居てもヒラメがつれたことがないので。

夜明け前に準備終了。
ドーリーも治って釣る気満々です。
DSCN2345 夜明け寸前 


日の出時刻に出航!
DSCN2346 出航! 


今日はヒラメ銀座にて粘る予定。
現場についてベイトを探すも薄いです・・・
底のほうにチョロっといるだけ。
しかもアジではなくウルメです。
DSCN2349 6時13分ベイト薄い 


小サバとウルメがちょろっと釣れたので泳がせる。
小さいヒラメに齧られたようです。歯型からみていらないサイズですね。
DSCN2347 小サバが齧られた 


ウルメ泳がす。すぐ死ぬ。ウルメ泳がす。すぐ死ぬを繰り返した6時9分ころショゴゲット!
DSCN2348 6時9分ショゴゲット 
ショゴは小さくても引きは強いので楽しいですね!


いったん沖に出たビル・ジャックさんも同じ海域で釣りすることに。
沖はとても荒れているそうです。
DSCN2350 同じ海域にビル・ジャックも 



ウルメをとっかえひっかえ、絶え間なく苦行のよう続けていいた6時40分ころ
チビマトウゲット。リリース。
DSCN2351 6時40分マトウダイ 


北風に強い外房とはいえやりづらいですね。
背を向けた方からウネリが入ってくるのも怖いかな。
DSCN2352 6時42分風強い 


近くで釣っていたビル・ジャックさんにヒット!
DSCN2354 ビル・ジャックさんヒット 


サビキにワカシが付いてきたそうです。
ちょくちょく枝を切られていたそうで青物がいることは間違いない!
ヒラメは期待できませんが青物ならイケルかも?
DSCN2356 サビキにワカシ! 


1時間経過の7時24分。ベイトは薄いです。
移動するにも強風なので無理そう。


7時30分ころ、40cmくらいのヒラメゲット!
サイズに不満はありますが、解禁後初めのヒラメです。
ベイトが居なくて生簀がスカスカですね。
DSCN2359 7時46分40cmクラス 


15分後、7時45分イナワラゲット!
尾びれの半分が無いですね。なんででしょうか?
DSCN2360 7時45分イナワラ 



このようなウルメを釣っては取り替えることをひたすら続けるのですよ。
今日はアジ釣れません!
DSCN2361 こんなウルメがちびちび 



8時半ころのビル・ジャック船。3名乗せて釣り講義です。
DSCN2362 8時30頃3人に増えた 


30分後の9時ころ。
無残なウルメ。原因はウツボのデスロールとみたね。当てずっぽうだけど。
DSCN2365 9時すぎ齧られ 


ぐっちゃん&iさんとビル・ジャック船。
風が強くて大変だそうです。それでも50cmのヒラマサをリリースしたとか。
ヒラマサも随分釣ってないからウラヤマシス。
DSCN2366 9時13分 ぐっちゃん&ビルさん 



このあと、当たりが遠のいたのと風が強くなったので納竿としました。

ヒラメ解禁初泳がせは終わってみればベイトには苦労しましたが獲物はそこそこいい具合でした。
アジが居ないのは誤算でしたが、ひたすらマシンのようにウルメを交換する作業が功を奏したようです。
DSCN2371 今日の釣果 


尾びれの下半分が無い個体です。引き寄せやすい割に取り込みまで抵抗が大きかったですね。

次回も泳がせます!

ミンコタアイパイロット使用回数:85回目(2012年10月-)(2015/11-オイルシール交換、2016/04バッテリー交換)


釣日和なのにドーリー修理

みなさまごきげんよう
前回ドーリー破損したため今週は浮かべません。
ヒラメも解禁したというのにがっかりです。

現状こうなっています。
DSCN2302 こんなんなってます 



ドーリーマウンタを外して状態確認
まぁぼちぼち壊れてます。
DSCN2304 バキバキですね 


地をだすまで頑張って削ります。粉まみれになりました。
前オーナーがペンキ塗っていたのでやりずれー
DSCN2305 がんばって削ります 



で、数時間後の状態がこれになります。
DSCN2306 穴ふさいで 



マウンタ装着!
これでビルジポンプから排水しなくても釣りできる!
DSCN2307 ドーリーマウンタ装着 



これだけの記事だと寂しいので自分が良く使っている泳がせ針の比較とか。

昔は市販のヒラメ仕掛けを使ってましたが孫バリ仕様がどうにも使いづらいので親針のみの一本針を自作して使っています。
いろいろな針を試してみましたが2016年現在のメインはダイワの紅牙です。

チヌ針にフッ素コートをした針でヒネリは無し。
サイズはLを主に使っています。軸の太さもバランスが取れていてグッド!
針が伸ばされるハリスの太さは10号くらいなので自分の泳がせ釣りを99%カバー出来ます。
右は3Lです。これは気が向いたときになんとなく使ってみたり。
DSCN2260 紅牙Lと3L 


似たような針がシマノからも出ています。これはガマカツのOEMっぽいですね。
紅牙Lと炎月大物バラの比較
同じチヌ針8号サイズで僅かに軸がながく、針先が鋭角になっています。
最近見つけたのでまだ使ってませんがこれも良さそうですね。
DSCN2261 紅牙Lと炎月大物バラ 


ガマカツチヌ7号と炎月大物バラ
ガマカツチヌ8号があれば比較しやすかったけど無いので7号で比較
炎月はガマカツとクリソツです。ヒネリの有無とフッ素塗装だけかな?
DSCN2262 ガマカツ チヌ7号と炎月大物バラ 




紅牙の前にレギュラーだったガマカツヒラメ針8号とチヌ針の比較。
ヒラメ針は軸が長くネムリ形状でヒネリが逆ですね。
ハリスを結ぶときに巻きつける方向を気にしないとヒネリの向きと逆にベクトルが働いて刺さりが悪くなります。
外掛けなら問題ないですがフィンガーノット系の結びをする場合は注意かも。
DSCN2263 ガマカツチヌ7号とヒラメ8号 



ガマカツヒラメ針からダイワ紅牙にしたのは
・サビに強いから。
・ヒネリが無いのでハリスの結びの巻きつけ方向を気にしなくていいから。
・釣れなかった場合、錆びずらいので再利用可能だから。(主な理由

自分はシーハンターを5cmほど根付しますが理由はハリスが傷つくことが少なくなり仕掛け交換の時間を節約できるからです。
時合が来ているときに針交換は面倒ですからね。
でもウツボがきたときと呑まれたときは交換です・・・



次回は館山でタイラバの予定です。タイを釣るべし。

プロフィール

Author:ステキチ
ミニボートで釣りしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR