2014年納竿です

2014年の納竿です。
今年は泳がせ釣りでいい思いをしたので最後もやっぱり泳がせてみたいと思います。

今年最後なので気合いれて高速使わず下道で行ってしまいました。
外房は館山と違って高速使っても30分くらいしか違わないので。

暗い中準備してるとなんと海遊丸のけんさんがお声をかけて下さった。
アイパイロットのデビューだそうです。
この新兵器を使えばめんどくさいアンカーから開放されるしそれにまつわるトラブルも無くなります。
けんさんとアイパイロットのメリットを軽くお話して一足先に出航!

一方、けんさんのアイパイロットがまさかあんな事になるなんて、この時は知る由もなかった…なーんつって。
続きはけんさんのブログで!(すみませんけんさん)




日の出とおもに出航!
今日の目標はヒラメ。


まずはエサ釣り。曰く
わくわくするよね!画面が真っ赤になると。
もうココしか無いって場所で集中できるから。
夢に出会える確率がぐっとあがるっていうか、そんな気がするんだよね。
by高橋哲也
DSCN0206 - イワシだらけ



1時間後・・・



そんな気がしただけだったよ・・・高橋さん。
この群れは泳がせにもできないほどの小さい煮干しサイズのカタクチイワシでした。
DSCN0207 - 煮干しサイズ
しょうがないので見切りをつけて寒イサキに変更!






沖に移動しました。

さっそくウイリー吹き流し3本仕掛けでイサキゲット。
DSCN0213 - 寒イサキ

がしかし、ここからウマズラハギのオンパレードです。有馬記念だからか?
イサキの反応はあれど、ウマさんばかり。
DSCN0217 - 反応ちらほら


おうまさんの尻掛かりw
DSCN0219 - ウマズラ穴がかり


みるみるうちに生け簀がウマが増えてく。
DSCN0224 - お馬さんばっかり


ウマズラ海面近くまでよってくる。


DSCN0221 - お馬パラダイス

DSCN0222 - お馬パラダイス2


お馬さんは十分なので場所替えします。





朝いた哲也イワシのところに戻る。
あいかわらず画面はワクワクだ。

で軽くサビキを落とすと、小アジが回ってきたようだ。
DSCN0217 - 反応ちらほら



で、なにごともなく終了しました。

チャンチャン



けんさんと楽しく談義して帰宅。
暗くなると寒いけど塩抜きはしないとね。
DSCN0229 - 暗くなると後片付け嫌になる

ヒット仕掛けメモ:
・ウマズラハギとイサキを釣った仕掛け
中古ウイリー4本針ハリス2号、針チヌ2号。
付け餌は冷凍庫にあった人工イソメっぽいなにか。今は売ってない。



2014年の釣行は今回で終了です。
今年は23回釣行し初めてワラサを釣ることが出来ました。
来年はヒラマサと深場を狙っていきます。
スポンサーサイト

ブレイクスルー的ななにかがおこったらいいな。

積水化学、“曲がる”リチウム電池を来年度に商業化(日刊工業新聞)

お願いします。早く軽いバッテリー開発しないと僕の腰が死んでしまいますw

どういうことかというと、新型リチウムバッテリーの曲がる特性はもちろんのこと容量が3倍というところがポイントです。

現在、ミンコタのi-pilotを利用しているのですが、このバッテリーが重いのなんのって・・・
容量80AのACデルコ ボイジャー M24MFを使っているのですが重さは約20kgもあります。

これを単純にWHにすると960wh(12V×80A)くらい?かな。細かいことは気にしないで進めます。
容積は[縦] 172 mm×[横] 275 mm×[高さ] 230 mm で約10L

記事によるとこの新リチウムの容量は1Lあたり900WHらしいので

理想的な状態で現在の鉛バッテリーと同じ容量の
新リチウムバッテリーを用意できたとすると
体積約1/10、重さにいたっては約1/30に!(リチウムバッテリーの重さは鉛の1/3として)

なんて妄想が成り立つわけです。

それはそれとして確実にリチウムバッテリーの値段は下がります(希望的観測
電動リールのリチウムバッテリーカテゴリー分けがすすんで
新リチウム利用したバッテリーで容量3倍値段5倍とかプレミアムが付いたら泣けますが(ネガティブマインド

この手の新リチウムバッテリーの開発しました!って記事は頻繁に目にするのですが
9割はそのまま消え去るのでどうにかしてほしいところ。
そのなかで今回の商業化のニュースは期待したい。

21日外房出れんかった。

21日日曜日、外房にいきました。
起床時間5時44分の大寝坊。

すっかり明るくなってるなか外房目指します。
DSCN0170 - 目指せ外房



今回はアジ泳がせでヒラメを狙う予定でしたので、寝坊は致命的。
今までの経験でヒラメは朝一が断然釣果がいいです。
まぁ疲れていたんでしょう。ゆっくり走ろう千葉。
そんでもって現場に到着する。ウネリ3m予報だったけどやっぱりすごかった。

DSCN0174 - うねりが強くて断念

でも港内で頑張ってる人もいますね。


ただ時々三角波のブレイクが発生してるのでとてもじゃないがFRPボートでは無理。
今日は適当にドライブしすることにしました。



内房を覗いてみる。
DSCN0180 - 内房を除く

昨夜の雨+西風で水潮発生。
DSCN0181 - 水潮

あとネコ。海辺に高確率でいますね。
DSCN0190 - 人懐っこいネコ
撫でさせることを強要するネコ。
DSCN0191 - 撫でることを催促


釣りする気分ではなくなったので中古釣具屋巡って帰路に。



むしゃくしゃして買った。
深場リールならなんでも良かった。
今はワクワクしている。
DSCN0192 - フォースマスター9000 12箱

途中の中古屋で思わず衝動買い。
このフォースマスター9000(12)が
中深場でうまい高級魚を釣ってしまう予定。
DSCN0193 - フォースマスター9000’12本体


その他にジギング用アシストフックも安かったので購入。
ジギングで釣ったこと無いけどw
あとイサキ用ウーリー仕掛け。
中古の仕掛けで注意してるのはハリスがフロロカーボンであること。
以前ナイロンの仕掛けを使った際ブチブチ切れまくったので。
後で調べたらフロロは紫外線に強いらしい。
実際使っても問題なかったのでこれでよし。
安いので躊躇せず交換できるしね。
DSCN0194 - 141221 本日の中古品



なんやかんやで今日は300kのドライブ。
その他思わぬ散財であったがこれで2月-4月の釣りもできそう。
でも寒いから無理?

ロッドグリップ補修

冷凍庫にアミエビレンガが入ってます。邪魔ですね。

それはさておきロッドグリップの補修です。

自分の利用している中古ロッドのグリップはEVAスポンジで覆われていて
中古だけあって劣化しており脇に挟むと服が黒くなってしまいます。
なので「共和 ミリオン熱収縮 ラバーグリップ・スーパー 」で覆ってしまいます。
今回は40mm使いましたが35mmのほうがよかったかも。
まぁこれでも22mmまで収縮するって書いてあるので大丈夫でしたが。


すでにエンド側は補修してしまった。
DSCN0158 - ロッドグリップ補修前



こんどはリール側のほうにカバーをかける。大雑把に。
DSCN0159 - ロッドグリップ ラバーあわせ




ドライヤーでガーッと縮めて終了。
DSCN0163 - ロッドグリップ補修後

グリップエンドはこんな感じに仕上がりました。
DSCN0157 - グリップエンド処理




来週はつりできるかなー。

魚探台交換

今週は外房の予定でしたが寒いのと風が強そうなので中止にしました。
なので、不具合の出始めた魚探台にを交換することにしました。

利用している魚探はホンデックスのHE61GPⅢで2009年に購入したものです。
DSCN0150 - 魚探台交換前
いままでのイレクターパイプを利用した簡単な差し込み固定でした。
これはシンプルながらなんの問題もなく使えていたのですが、前回の釣行あたりから脱着がスムーズに
いかなくなってしまいました。
よくみるとパイプがサビて膨らんでいます。
パイプを交換すればまた使えますが、どうせ長く使うんだから
ホンデックスオプション ロータリー架台 RK01に変更することにした。


ネジ外して取り付けるだけのですぐ終わる。
この台は今までのと違ってスイングにクリック機構があるので角度固定が楽だね。
DSCN0151 - 魚探台交換後

魚探カバーを作ろう作ろうと先送りし続けてはや5年。
魚探むき出しでも問題なく使えてます。あ、液晶部分にはPC用の液晶フィルムは貼っています。
釣行後に必ず水洗いして端子に666を含ませた歯間ブラシでメンテしているので錆もナッシング。

しかし下の自作木製マウンター(格好つけてますがコの字の板です)は適当なネジでくっつけたので
錆始めてますね。普通の塗料だと錆止め効果弱いみたい。
面倒臭がらずにステンレスネジにしとけってやつですね。

館山釣行 12月07日

また館山に浮かべてきました。
前回と同じく泳がせメインです。

ココ最近調子がいいので期待できます。が、寒波のシケで水温が急に下がってしまいました。
前回20度付近で今回17.5度。
急に水温が下がるときに釣れた試しがありません。フィーバーは終わってしまうのか。

なんか急に冬到来の寒さです。車の室外温度は0度をさしてます。
0 - 出発時、室外0度で寒いっす

7時ころ岸払い。西風の影響でもろに船内に水が打ち込むというおまけまで付いた。
灯油ポンプでペコペコ排水。
DSCN0119 - 岸払い

少しうねりはありますが、風も穏やかで釣り日和。寒いけど。
DSCN0123 - ないでます。最無為です

11月にヒラメ、ワラサと実績のあったところに到着。
しかし群れがいない。水温も17度台。これは厳しい。
DSCN0125-水温17度台 群れなし


なんにも釣れないまま9時頃見切りを付けて移動。
群れを発見。
DSCN0129 - イサキが連れた35m付近


塩焼きサイズのイサキが釣れました。エサアジが無いのでこれを試しに泳がせてみる。空振り。
DSCN0127 - 移動してイサキが釣れた


イマイチ反応が鈍いのでもっと深場の60m付近に移動。
50m付近反応があるので投入。
DSCN0130 - 60m付近の漁礁

ウマズラきたズラ。
イサキが釣れていなかったらウマズラ持ってかえる所ですが
血抜き、内臓抜きをすぐやらないと臭いという面倒があってリリース。
DSCN0131 - ウマズラ釣れた

ウマズラしか釣れないので20m付近に戻ることにしました。
いくらか回遊してるので狙う。
なんか写真が縦になる。 コアジが2匹だけ釣れるもぜんぜんダメ。
DSCN0133 - 20m付近に戻ったら回遊してた

11:30過ぎ。反応なし。海上はベタ凪で暑くなってきた。
両手両足首+胴体で計10コのカイロを貼り付けた防寒対策のお陰で汗だくです。
DSCN0136 - ベタ凪で暑くなってきた

潮の流れも止まりました。
DSCN0138 - 、潮の流れもなし

粘りにばって12:30頃に泳がせに当たりが来ました。
期待を込めて慎重にやりとりをして上がってきた魚体はカマボコの高級食材でした。
DSCN0139 - ESO

謎の当たりがあったところで心が折れ納竿としました。エサアジもないし。
DSCN0142 - なんだろう


前回と違ってスカスカです。イサキ2匹お持ち帰り。
DSCN0143 - スカスカクーラー


恒例の塩抜き。
DSCN0145 - 塩抜き

恒例の666で塩ガミ発生箇所にプシュっと。
DSCN0147 - 6666でメンテ

塩焼きにベストサイズ!
DSCN0149 - 塩焼きサイズ



今回で今年の館山釣行は終了。来週は外房に行きたいと思います。


ヒット仕掛けメモ:
★イサキ、ウマズラ
天秤+サニー40号Mカゴ+1.0mmクッション20cm+ハヤブサ ひとっ飛び ケイムラサバ皮レインボー&から鈎 80cm
オキアミとイカタンを併用

★ESO
ハリス6号1ヒロ + シーハンター10号根付 5cm + ガマカツ ヒラメ8号の遊動式ヒラメ仕掛け1本針(口かけ、孫バリなし)



館山釣行 11月30日

最近いい思いしているこの場所。
また浮いてきました。
昨日南風がかなり強く吹いたので水温は20度と高め。

7:00時頃と遅めに出発。
館山 釣り 002-7時岸払い



前回釣れた場所でさっそくアジ釣り&泳がせ。
置き竿なのでスプールクリック音のするリールを用意してみた。
シマノ チタノススピードマスター石鯛 GT3000。 10年以上前の製品です。
中古で1500円の特価品。石鯛用だけあってゴツイ。
いままでのクイックファイヤー小船と違って巻きやすい大きさ。

8時ころクリック音が鳴り響く。わかりやすくていいね。
早速ヒラメゲット。
館山 釣り 005-8時ころヒラメゲット

今日はかなりいいかもしれない。

9時に豪快なクリック音鳴り響く。
青物系のあたりか?
ハリス6号なので無理できない。時間をかけてやりとりしようとするが新調したリールのドラグがいまいち。
前の小船なら強い引きに追従するように滑りだすがこの10年落ちのリールだとガクンガクンでる。
で結局ラインブレイク。きっとブリだね。きっと。
館山 釣り 006-8:30頃6号ハリスを来られる

そのあとパッタりとクリック音はならず時間だけがすぎていく。

群れは時々通り過ぎていくので粘ることにする。
館山 釣り 008-時々群れが通り過ぎる

上層はムロアジ、下層はアオアジ、マアジっぽい。
上層だとこんなムロが。
館山 釣り 010-ムロアジっぽい

マルアジ、ムロアジは動きが活発な分、すぐ弱るので背掛けの場合、頻繁に取り替えないとダメっすね。
上顎抜きの場合は外れるときも結構あるのでこもまたマメにチェックしないとダメ。

暇なのでイケスのヒラメをパシャリ。
館山 釣り 012-イケスにちょうどいい大きさ

12時ころ納竿。
館山 釣り 013-12時終了

家についてから後片付け。ボート釣りはこれが面倒だよなー。
館山 釣り 016-後片付けが面倒


よく使うケミカル。
666は水に濡れたままでも大丈夫なので、尻手ワイヤーのスナップ部分に。
効果はダントツなんだけど樹脂に攻撃性があるので余分なところにかからないように注意する。
シリコンスプレー(無溶剤タイプ)は防錆性能はまったく皆無だけれど場所を選ばず使えるので
いろいろな可動部分に利用してる。ちなみにPEラインにも使ってます。
館山 釣り 017-よく使うケミカル

いつものソルトオフで塩抜き。
館山 釣り 018-ソルトオフで塩抜き

前回に比べれば小さいけどそれでも約60cmもあった。
館山 釣り 019-約60センチ

天然モノですね。ちなみに神経抜きもやってます。
館山 釣り 022-天然物

5枚卸は難しい。けっこううまくできた。
館山 釣り 023-5枚卸は難しいね

ここまで柵取りしたけど、疲れたので食べずに寝たw
館山 釣り 024-なんとか柵取り

他のみなさんはでショゴ、イカ、カワハギ、キスなどあげていらした。
館山はまだまだ終わらない。

ヒット仕掛けメモ:
ヒラメを釣った仕掛け
ハリス6号1ヒロ ガマカツ ヒラメ8号の遊動式ヒラメ仕掛け1本針(背掛け、孫バリなし)



プロフィール

ステキチ

Author:ステキチ
ミニボートで釣りしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR