トレーラブルボートはメンテナンスだけで時間がすぎていくんだぜ。

おもさげながんす。

壬生義士伝の中井貴一の影響を浮けたわけではないでがんすよ。


トンボーイとトレーラーのメンテナンスですよ。
前回の記事でリーフスプリングが嫌な感じだったので部品を注文。交換しました。
文章にすると一行で済むけど実際にかかった時間は3週間です。
P7090002 交換 

構造は単純なんですが、工具がインチ工具なのでミリ工具で無理やりやって舐めたり
やっぱり工具が足りなくてホームセンターにいったり雨が降ってきたりして中断とか
遅々として進まなかったり、なんやかんやで時間を浪費しました。


P7090001 トレーラー部品届いた 
交換した部品はコレだけです。
リーフスプリングとUボルトとナット諸々。
アメリカの緩み防止ナットは豪快で少しだけナットを変形させています。なのでチョー堅い。
しかもミリ工具だと微妙にハマったりはまらなかったりするのでやりづらく効率悪し。
インチ工具は必要だ!今買っておけば一生使える!と思って散財しましたよ。

汗だくの中で作業していたせいか写真取るのを忘れてました。これじゃ資料として役に立たないな。反省。

あ、リーフスプリングの錆止めにクレのラストガードを利用してみました。
たーたんさんの真似してジンクペイントしようかとも思いましたがまだ結果がでていないので
ラストガードはどんなもんじゃいと試しにやってみる。
1年後がどうなっているか、ラストガードのamazonの評価は正しいのか、要チェックです。


続いてトムボーイの配線チェックです。
トンボーイは両舷ガンネルの下を通してバウまで配線してあります。
なので迂闊にガンネルに穴あけ加工すると配線を傷つけるという恐ろしい配置になっています。
しかも通線はパイプで保護していないので断線が滅茶怖いです。

このガンネルにロッドキーパーをタッピングネジで止めたいなーとか思っていました。
P7220014 両舷の下は 


下を覗くとこうなっています。
デッキと船体はタッピングネジで止めているようですね。
何本か船体のヘチギリギリで強度に不安がでる止め方もあります。
P7220016 スタッドボルトで止まってる 



そしてガンネルの下をギチギチで配線通してあります。
こりゃ大変やー。
P7220017 養生せずにそのまま配線とか 


ロッドキーパーをタッピングネジで取り付けるのは不安があるので
FRPで取り付け場所を造作する方向でそのうち考えることにします。

なんでこんなにギチギチなのかよくよく見るとバウとバッテリーストレージを繋ぐ配線だとわかりました。
操作はバウの方でやるのでスイッチ類は全てバウにあります。
そこから一つ一つバッテリストレージから電源を引っ張ってきているようですね。

なのでバウに分電盤を置いて少し整理してやる。
整理できる配線を引き出してチェックするとやっぱり削れてますね。
これは配線チェックして正解でした。
P7220013 配線チェック。削れ 



配線保護のためにPF管を通します。
コレがあると通線ケーブルで引き込みが楽ちんなので標準装備にしてほしいくらい。
電線はホームセンターで買ってきたやつです。
本来ならマリーングレードを使わなきゃダメよ。
P7220023 PF管通して整理 



スイッチもチェック。
スイッチのあるハンドル下がオープンなのでどうしたって潮の粉被ります。
ここは配線だらけでどうせ何もおけないから閉塞したほうがいいかもしんない。
P7220026 スイッチもチェック 


配線についてはまだまだ改良が必要ですのでおいおい変更していきます。


続いてエンジンメンテ。
スズキのDF30Aにはメンテナンスキットがあるのでそのまま利用します。
P7230028 メンテナンスキットでメンテ 


中身はこんな感じ。
P7230029.jpg 


コレ一つでユーザーの基本的なメンテが出来ます。
・エンジンオイル
・ギアオイル
・インペラ
・プラグ(今回はなし)
・ガソリンフィルタ(今回はなし)


まずギアオイル交換。
ペラ外して糸巻きチェックもついでにする。
写真には写ってないですが
部品の取り付け方法が間違っているのを発見。
プロペラナットスペーサーが前後逆ですね。よくありそうなミスです。
変形して正解の方向に入りません。注文しないとなー。
P7230033 糸巻きチェック 


チルトアップしてギアオイル交換。
前方にドレンネジがあるのでチルトアップすると作業がしやすい。
P7230030 ギアオイル交換 


白濁もなくキレイですね。
P7230032 キレイですね 


続いてインペラ交換です。
この辺はどのメーカーも似たようなもんですね。
シフトロッドの連結を外します。
前のシープロと違ってネジなので楽ちんかも。
P7230034 シフトロッド連結外し 


外れた。
P7230035 外れた 



6本ボルト外して
P7230036 6本のボルト外し 


パカっととれます。
ウォーターチューブも外れた。
P7230037 ロワケース分離 


ウオーターチューブは元の位置に戻しておく。
P7230061.jpg 


ポンプを分解し、ジャケットチェック。
小石が挟まってました。
P7230038 ウオータージェケットチェック小石が挟まってた 


インペラチェック。全然平気ですね。
P7230040 インペラチェック 


でもキットに入っていたものは全部交換するのさ。
P7230043 メンテキットに入ってたのを全て交換 



インペラ交換終了、エンジンオイル交換と行きます。
ドレンボルトの周りを養生してうまく飛び散らないようにします。
し・か・し、思った以上に勢い良くでてしまい結構な惨事です。
なので写真なし。
今回のエンジンオイルはホームセンターで売っていたホンダの10w-40を利用。スズキは売ってなかった。
船外機はオイル交換の頻度が高いようなのでオイルチェンジャー買ってもいいかもしんない。
P7230060 オイル交換 


ヘッドまわりの配線のこすれチェック。
断線したら漂流ですからね。

右後ろ側。平気そう。
P7230048 ヘッド外してチェック 右後ろ 


左後ろ側。平気そう。
P7230049 ヘッド左後ろ 


左サイド。汚れなのか擦れなのか要経過観察です。
P7230050 左サイド、擦れあり 


配線周りは目視で念入りにチェック。
P7230051 配線は念入りに擦れチェック 


さすが2015年製。きれいですね。
P7230052 きれいなもんだす 


ヘッドは問題無いようです。
アノードチェックいきます。
問題ないですね。
P7230056 アノードチェック 


エンジンヘッドについていたアノードも取り替えてみましたがこれでいいのかな?
妙に縁が狭いような気がするけど交換しました。
左がエンジンについてたやつ。右は普通の。
型番みると微妙に違うぞ?
55321-87J00-000(外装側)
55321-87J01-000(エンジン側)
と、色々しらべてたら型番変更だったみたい。まぁ、きにしないでいこう。
P7230059.jpg 



チルトモーター周りチェック。
サビが見受けられるのでマリンガード吹いときました。要経過観察ですね。
P7230058 チルトモーター周りチェック給脂 



最後に、エンジン始動チェック。
普通に動きますね。って書いてて思い出したけどシフトロッド繋いで無い!
ブログ書いてなければ危ういところだったぜ。(゚A゚;)ゴクリ
P7230062 始動チェック 



エレキ接続チェックです。
このベースが妙にぐらつくので裏側をチェックした。
P7020047 エレキベース 



目視は出来ないのでカメラを突っ込んでパシャリ。
なんかネジが一本無いね。
他のネジも緩んでいたので増し締め。
P7230064 エレキベースがグラグラなのでチェックしたら抜けてた 


というところが今週までのメンテでした。
残す所エレキとバッテリーの設置と外房用にフェンダーを取り付ければなんとか出れそうです。
エレキも今のままでは突っかかって使えないのでオフセット配置が必要になります。
配置が決まるまで時間かかりそうですね。
面倒っす!でも楽しいっす!


次回もメンテ記事になりそうかも!
スポンサーサイト

tomboyがやって来た やぁ!やぁ!やぁ!

皆様ごきげんよう。

今年も順調に春マサをボーズで迎え、これではいかんとボートをトレーラブルにしました。

いつも出航している場所からトレーラブルな者共を日頃から羨ましく思っていましたが、この度シュガーレイマリンの123tomboyを勢いでヤフオク購入。
無事、とどきました。

123tombyとはこんなボートです。
P7020045 正面 



一般的なボートはハンドルが中央付近にありますが、このtomboyはバウにあります。
ジェットボートみたいですね。
スターンヘビーになりがちなスモールボートですがこれなら大丈夫ですね。
P6250032 123tomboy 


細かく紹介していきます。
船首にあるバウストレージです。
両舷灯とLEDもありますね。
ちなみに両舷等のデザインのお陰で中央に凹みがあり構造的に水が溜まりますw
なので濡れてもOKなアンカーやシーアンカーなどを入れる予定。
P7020046 フロントストレージ 



左舷にはミンコタのエレキベースがあります。
これにi-pilotを装着予定。
P7020047 エレキベース 



運転席周りにレールがあるのでいろいろ付けられそう。
ロッドホルダーが付いていますね。
P7020048 ハンドレール 



コックピットです。狭いですね。
魚探とスズキのマルチファンクションモニタが付いています。
P7020049 コックピット 


コックピットのハンドル下のスペースです。
配線がごちゃごちゃあります。渡り配線も見受けられるのできちんと固定しないと断線しそう。
あとマリンスピーカーもありますね。使う予定ないから外すかも。
P7020050 ハンドルした 


少し下がって椅子です。
トレーラーのスペアタイヤがありますが気にしないでください。
これは前オーナーがカスタムした椅子で、標準ではここにクーラーボックス兼椅子が配置されます。
運転するのは背もたれがあるので良さげですね。
P7020051 椅子 



椅子はオープンできます。
ここに何を置くかは釣りによって変わるんではないかと。
P7020052 椅子オープン 



後ろに下がって生簀です。
これで泳がせもバッチリ?
P7020053 生簀 



中央スカッパーかサイドオープンして使うみたい。
これはちょっと慣れるまでたいへんそう。
P7020054 サイドオープン式生簀 



中はこんな感じです。フックにすくい網でもぶら下げておくのかな?
P7020055 生簀の中 


さらに後ろに下がって燃料入れストレージです。
ちなみに奥にあるのは脱着式白色全周灯です。
P7020056 燃料入れ 



燃料入れです。24リットル入ります。
残量はコックピットのマルチファンクションモニタに反映されます。
P7020057 燃料 コード付き 


燃料ストレージの蓋は2重構造で上に物入れがあります。
蓋を開ける構造上、天地無用のものは入れられませんね。
P7020058 燃料の上ストレージ 



サイドスカッパーです。
喫水線より上にあるので船内に打ち込まれた水はここから排水されます。
ただ、喫水線の高さに余裕がなく逆流よく起こるみたい。普段は蓋をしたほうがいいみたいですね。
P7020060 サイドスカッパー 



外側から見たサイドスカッパー。
走ってれば水は勢い良く抜けるそうです。
P7020061 外側から 



前オーナーがこだわったスターンレール。
あとエンジンは手動で掛けることも出来るのでバッテリー上がりも怖くないです。やるなスズキ!
P7020062 スターンレール 



白色灯差し込み口。
いま気ずいたけどスターンレールと干渉しないよね。(´・ω・`)
P7020063 白色灯差込口 



白色灯の奥。ちゃんと水抜き穴があります。
P7020064 白色灯差込中 



後ろからながめてみる。今までのスタイルとはガラッと変える必要ありですな。
P7020066 後ろからながめる2 



スターンには左右ストレージボックスがあります。
左舷側です。水分分離フィルターがついています。
ここは火気厳禁と、燃料チューブに穴をあけないよう少し工夫がいるかも。
写真に写っているのは予備のペラです。予備が全部で3個ありました。
前オーナーのこだわりですね。
P7020072 左舷スターンストレージ 


そんなに大きくないしなぜか水が入ってます。
課題ですね。
P7020073 そんなに大きくない 



右舷側ストレージです。こちらはバッテリー入れ。
充電するためにとりはずしてあります。
P7020067 バッテリー入れ 


取り外す前にチェックしました。
バッテリーが収まるとこんな感じ。
バッテリーサイズはB19
P7010002.jpg 



バッテリーカットオフターミナルが付いていたのでチェック。
バッテリーは普通ですね。
P7010003.jpg 


バッテリーカットのチェック。あれ?なんか電圧あるな半導体なのか?
P7010004.jpg 


バッテリーオンにして測る。なんか1vくらいドロップダウンしてますね。
P7010005.jpg 


ちょっとよくわからないのでカットオフターミナルは外して、配線を見なおす必要があるみたい。
ブルートゥース再生ができるマリンスピーカーも装備されてますが使う予定がないので外します。
ちょっと調べたらマリンスピーカーってお高いですね・・・






勢いで買ってしまった123tomboyですがいろいろ自分好みに艤装したいですね。
土日しか休みとれないので、進水は当分先になりそう。
しかも雨だと作業止まるし~


トレーラーも点検しました。
なんとこのトレーラーは95年製!20年前のものです。
でも、フレームは錆びていないし全然だいじょうぶかも。
と、思っていましたが、いろいろ撮った写真をみていてリーフスプリングに問題ありかも。
P7020041 なんか剥がれてる 

明日チェックします。


作業的には、
トレーラー消耗品交換(リーフスプリング、錆びたUボルトやナット)
tomboyの配線作業、ロッドキーパーの取り付け。
くらい?

汗だくになりながら作業します。ひょっとしたら業者に頼むかもかも。

プロフィール

ステキチ

Author:ステキチ
ミニボートで釣りしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR