3年目のiPilotメンテナンス

いつも大活躍しているアイパイロット。
2012年10月に購入したので今年で3年目になります。
一回の釣行で約5時間は使うので、50回使用して約250時間利用したことになります。

オイルシールにも錆ができ、致命傷になる前に交換することにしました。


よくみると塗装の下に錆び浮きも見えますね。
DSCN1288.jpg


役に立ってるか不明なジンクナットは腐食もわずかです。
DSCN1289.jpg


オイルシールの錆が軸に到達寸前です。
DSCN1290.jpg

細かいキズから錆が進行しますね。
DSCN1292.jpg


プロペラナットとわっシャーです。問題なし。
DSCN1293.jpg

プロペラピンが砕けていました。
危ないところでしたね。
DSCN1294.jpg

2箇所のボルトを外すだけで分解できるなんて船外機に比べてシンプル
DSCN1295.jpg


ソケットレンチじゃないと外れなーい。無駄に塗装を剥がしてしまった。
DSCN1296.jpg


急いでホームセンターで購入。8mmです。
DSCN1297.jpg


こんな感じではずす。これだけでごっそり分解できます。
DSCN1298.jpg


中身は綺麗でした。
DSCN1299.jpg

蓋の内側のO型シールは硬くなっていて再利用は無理ですね。
DSCN1300.jpg

オイルシールは錆が軸まで進行してます。あと少しで危なかったかも?
DSCN1301.jpg


オイルシールを外します。
オイルシールは2個あって外側をまずペンチでむしりとる。
DSCN1303.jpg

オイルシールの反対側です。グリースも白く粘性も少ない感じ。
DSCN1304.jpg

2個目の奥のシールを外そうとしますがうまくいきません。
DSCN1307.jpg


ほんとは専用器具を使うみたいですが、裏からポンチでこつこつ押し出しました。
DSCN1308.jpg


取れました。
DSCN1309.jpg


新しいシール類です。3000円くらいします。
DSCN1305.jpg


ローターケース部分のシールも劣化してますね。
DSCN1311.jpg


ブラシは問題なし、カスが飛び散ってますが掃除するだけ。
DSCN1310.jpg


整流子もきれいなもんです。
DSCN1312.jpg


ローターをはめ込むときにブラシが邪魔なのでカラーをはめてブラシを押し退けてからじゃないとうまく入りません。
DSCN1313.jpg


オイルシールをはめる。とってもはめづらいですがなんとか押し込んでやります。
DSCN1316.jpg


奥のシールをはめ終わった。
DSCN1315.jpg


このグリースを
DSCN1314.jpg

充填!
DSCN1317.jpg


外側のシールをはめて終了。
なんと、ここで安心したせいか写真を撮り忘れてます。
外側のシールは奥のシールと違ってはめやすいので苦労はしません。


で元通りにくみ上げて終了!



ここで問題発生。
バッテリーにつないで動作試験をしたところ逆回転した!

まぁ、これはローターケースの向きが逆だったので、一回ボルトだけ外し
そのままローターケースを180度回転してまたボルトをはめなおして解決。
分解する前にローターケースの位置をマジックでチェックしておかないと駄目でしたね。

元通りに組みなおして、今度はうまく動きました。

あ、写真にはありませんでしたが、すべてのO型シールをはめ込むときにグリースを薄く塗ってあります。


ピンが無いので、ホームセンターでピンの代わりを付けることにしました。
大きさ
3mm×3cmくらいですね。

3mmより少しふとい
DSCN1318.jpg

3cmより少し短い
DSCN1319.jpg


3mmのスレンレスネジをカットして代用してます。部品が届くまでこれで行く予定。

次のメンテはサーボボックスかな~
スポンサーサイト
プロフィール

ステキチ

Author:ステキチ
ミニボートで釣りしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR