エンジン定期メンテナンス 2016春

みなさまごきげんよう。

今週末も釣りに行こうかと思いましたが、寒さが戻ってきたのと雨が降るかもしれない予報なので
エンジンメンテナンスに専念することにしました。

自分のエンジンは マーキュリー シープロ 8馬力 2スト です。
製造年は2008年。まだまだイケル!

今回は自分でできる基本的なメンテナンス

・ウォーターポンプのインペラ交換
・キャブレターの清掃
・プラグ交換
・ギアオイル交換

を行うことにします。

まずウォーターポンプのインペラを交換します。
ロワーケースを外すわけですが
1)スプリングピン(3Φ×10mm)
2)ボルト4本
で接続されているので取り外します。

シフトロッドの矢印のスプリングピンをポンチでコツコツ少しづつ押出して外します。
DSCN1764 スプリングピンの取り外し


取れました。これは再利用しないで交換です。
DSCN1765 3ミリ10ミリのピン


続いてボルトを4本外します。写真では2本しか見えませんが裏にも2本あります。
DSCN1766 4本のボルトを緩めれば


そうすると、カポっと外れます。
DSCN1767 獲れます


続いて、インペラがあるウォーターポンプを取り外します。
これも4本のボルトを外せばOK。
注意してほしいのが更に1本ボルトがありますがこれを外すとギアオイルが盛大に漏れますので注意。
自分はズボンをオイルまみれにしたことがあります。
DSCN1768 ポンプアッパーケースも

このように緩めれば
DSCN1769 4本のボルトを緩めれば


取り外せます。
ここでも注意があります。インペラを回すつっかえ棒的役目のインペラキーが赤丸囲ってあります。
よく見失うので無くさないように!
DSCN1770 このように獲れます


2年目のインペラですが若干変形気味。でもまだまだ大丈夫ですね。しかし念のため交換します。
DSCN1771 インペラが変形しとる


トーハツのウォーターリペアキットを使います。
品番は3B2-87322-2  2500円位したような気がします。
DSCN1773 インペラ交換セット

中身はこれ。
DSCN1774 中身はこれ


では早速ウォーターケースアッパーから金属のライナーを外します。あれ?なんか硬いな・・・
ごりごりっと取ると砂がいっぱい出てきた。おかしいな。
DSCN1775 インナーケースを外すと砂がいっぱい。あれ?


新しいライナーを付けようとケースをよくみると溶けてる部分があるじゃないか!
DSCN1776 よく見ると溶けてる


ライナーを新旧見比べてみる。上が新品。
どうやらインペラに砂が噛みこんでゴリゴリ削ったみたいですな。
こんなこともあるんだな~今度からエンジンは砂浜間際で止めないようにしよう。
DSCN1777 ケースを見比べる。砂噛んだな

ロワーのほうは大丈夫みたい。
DSCN1778 こっちはまぁ兵器

アッパーケースが溶けてるとは思わなかったので部品ありません。なのでインペラ周りは届くまで中断。



気を取り直してプロペラの糸絡みチェック。問題なし。
DSCN1779 ペラチェック。 糸からみなし


続いてキャブレターの清掃に移ります。
キャブレターは2本のボルトと燃料チューブを外せばOK
DSCN1781 キャブは2本のボルトを外せばOK

燃料フィルターもついでに交換。これはなんとなくです。
DSCN1782 燃料フィルター交換


少しゴミがありますね。赤で囲ったところの黒っぽい影がゴミです。
DSCN1784 少し砂があるね


キャブレターを分解。スラッジ等もなく綺麗でした。ただ少し水が混入してたので時々キャブの燃料をボルトから抜かないとダメかも?
DSCN1785 キャブ清掃。水が少し混入してた。


キャブクリーナーはヤマハの使います。
DSCN1786 これであわあわ


今回は出番のなかったキャブリペアセット。本当はOリングを交換しないとダメですけど再利用で。
品番:3B2-87122-0
DSCN1787 キャブリペアセット


このあとキャブクリーナーをパーツクリーナーで流して、乾かして組み付け。
ホコリだけ注意してやればいいのかな。



続いてプラグ交換。153時間目です。
DSCN1780 153時間


交換の理由はサビ。
DSCN1788 プラグも錆びてきたので交換


錆びてなければ交換の必要は無いくらいですね~。
DSCN1789 錆びてなければ交換する必要なくね?


新品の輝き!
DSCN1790 新品の輝き


あとは、細かいところのグリスアップ。
DSCN1791 普段届かないところをグリスアップ


スターターロープも毛羽が目立ち始めてきました。交換したいな~
DSCN1792 スターターロープも毛羽がたってきました。


あとはスイベルブラケットのグリースニップルからグリースガンでグリスアップ。写真なし。



春の定期メンテナンスは以上です。
あとはウォーターポンプアッパーケースが届いたら交換、組み付け、ギアオイル交換位なので記事にはしません。


しかし、砂を噛みこんで破損って笑えませんね。
幸いなんの問題もなく動いてましたが知ってしまうと怖いもんです。
今回のインペラチェックは2年ぶりでしたがもっとマメにやらないとダメかも~


次回の定期メンテは8月下旬を予定してます。
スポンサーサイト

定期メンテナンス

桜も3分咲きのようです。
暖かくて釣りに出かけたくなりますね。
今週は諸事情で見送り、かわりにエンジンメンテナンスしました。

今メインで使っているのは
マーキュリー シープロ 8HP 2ST(トーハツOEM)
製造年2008年の中古品です。

ギアオイル交換。前回の交換は去年の4月なので1年ぶり。
全然だいじょうぶだったけどシール類の水漏れチェックも兼ねているから
年1で交換したいところですね。
DSCN0358 - ギアオイル交換

グリースガンでの充填(2ヶ所)
DSCN0361 - グリス更新

よく使うハンドルクランプにグリスアップ(アンチコロージョン)
DSCN0365 - グリスアップ

樹脂摺動部にグリスアップ(2-4-c)
DSCN0367 - グリスアップ

アワーメータは43時間。
アイパイロットを使うときはほとんどエンジン止めてるので稼働時間短いです。
DSCN0366 - アワーメータ43h

サーモスタット周りから粉吹きだしてますね。
中古で買った時からパイロットウォーターが脈動してないので交換しないと駄目っぽい。
そのうち(8月くらい?)やる予定。
DSCN0370 - サーモスタット周りが粉ふく




現在ルアーメインでやるにはロッドホルダーの位置が悪いので艤装を考えないとダメ。
ロッドエンドが床についてしまって固定されないので滑走時に奉納するかも。
あと、キャスティングのときに邪魔にならない場所にまとめて配置したほうがよい。
DSCN0371 - ロッドホルダー低い

理想の高さ。配置予定の場所。
カートップ前提なので、組み込みタイプで新しく作りなおさないとね。
DSCN0373 - ロッドホルダー理想の高さ

BMOのレールタイプの艤装品を候補にしてます。



これから初夏まで釣り物に迷ってしまいます。
イサキ、マゴチ、ヒラメ、マダイ、キスもろもろ。
いままでの経験でいろいろ手を出しても釣果に結びつかないことがわかってるので
外房ルアーをメインにして出せないようなら館山餌釣りメインの予定。


プロフィール

Author:ステキチ
ミニボートで釣りしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR